2016年4~12月 名アクターランキング

320320

映画館に週イチ通いするくしが勝手に私的LOVEエイガをランキング。

あっという間に日がたちもう12月。

というワケで2016年4~12月に鑑賞した映画の名アクターをランキングします。

 

1位

『ブルーに生まれて』の

イーサン・ホーク

 

高校生のころから一番好きな米俳優です。

すごい役者になったなと感涙。

歯を抜いたり、トランペット、歌唱を披露するなど、

身を削りまくり魂入りまくりの名作でした。

2位

『胸騒ぎのシチリア』の

マティアススーナールツ

 

1~3月版でもご紹介したベルギー出身の俳優です。

もうめちゃくちゃです。めちゃくちゃカッコいいんです。

あの逞しいからだに青い瞳。

年上女に翻弄されるとことかめちゃかわいい。

3・4位

『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』

『ブリジットジョーンズの日記 人生最大のモテ記』

のコリン・ファース

 

さすが英国名俳優その貫禄たるや。

『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』では、渋く(老いぼれ感もありつつ)

『ブリジットジョーンズの日記 人生最大のモテ記』では現役感バリバリ。

スーツ姿はまさに英国紳士。大好きです。

  

5位

『ルーム』の

ジェイコブ・トレンブレイ

 

いろいろ考えさせられた映画でした。

将来が楽しみすぎる子役俳優ジェイコブくん。

消防士のお父さんもヤバイですよ。

 

 

くし